バックハンドと言ったら、初心者の場合、苦手意識のある方が多いのではないでしょうか。けれど、硬式テニスのバックハンドは、一度マスターしてしまえばフォアハンドよりも安定したストロークが可能となります。つまり、バックハンドがご自身のものに出来たら、試合においてもミスショットが格段に少なくなり、より上達出来る事になるのです。ぜひ、早い段階でただしいバックハンドのフォームを身に付けるなさってくださいね。そうは言っても、具体的にいうとどのようにしたらいいのか困りますよね。まずは、両手打ちでも片手打ちでもかまいませんので、自分が打ちやすい方を選んで下さい。一般的に、両手打ちにした方が力も入りやすいといった理由から、女性の方には両手打ちを勧めるコーチが多いものですが、あくまでも自分の感覚で選ぶと良いでしょう。バックハンドが苦手だと言う方は、主に体の中心がブレている事が多いようです。下半身の筋力が不足している為、ボールに追いついて構えるタイミングが遅れてしまっているのです。思い当る方は、下半身の筋力をUPさせる事から始めてみましょう。また、実際にプレイをしている中で、一体どれくらいバックハンドで打っていますか?フォアハンドで打つ場合でも、敢えてバックハンドで打つぐらいの気持ち(ある程度共感してもらえることはあっても、基本的にはその人にしかわからないものでしょう)がないと上達は望めませんよ。バックハンドは、ボールとの間隔が捉えづらいといった点があるとは言え、それは感覚で覚えるしかありません。その為にも、ひたすらボールを打つ練習をして下さいー